アイマスク「あずきの蒸気 蒸しパッド」。レンチンで簡単目元スパ♪

照明を落とした部屋でベッドにあおむけになっていて、
頭の近くにはスマホが転がっています。寝る直前までついつい操作してしまうから、
眠りにつくころには目のまわりの筋肉がちょっとだけこわばっています。

さあ、ここで蒸しタオルのご登場。
熱いお湯でしぼった、ほかほかの白いタオル。
気持ちよい重量感とともに、目元をじんわりと温めています。
目元から伝わるあたたかな熱が、緊張しきった眼の筋肉を緩めていくのを感じ、
もう何も考えられません。
あたたかい。お風呂みたい。気持ちいい。最高。
足元の扇風機の音がうるさい。寒い。仕方ないスイッチを止めに行くか。
すみません後半は蛇足です。

蒸しタオル、気持ちいいですよね。
そのまま眠くなってしまうこともしばしば。
その一方、空調によっては急速に温度が低下したり、濡れたタオルが顔からずれて、
べしょ!とベッドに着地したり、朝それを発見して「あーあ」と情けない気持ちになったりと、
ちょっと扱いが難しかったりもします。ズボラな私だけの悩みでしょうか。
そんなことないって言ってください。

そこで我が家の新入りとなったのが、ホットアイマスク「あずきの蒸気」。
600wのレンジで30秒、チン!さあ、あずきちゃん(勝手に命名)のウォーミングアップが完了しました。
早速目元に乗せます。ああ気持ちがいい。さて、ここからがあずきちゃんの本領発揮です。
まず、アイマスクのまぶた部分がくぼんおり、アイマスクをしながらにしてまばたきができます。
ぱさぱさと睫毛がアイマスクにぶつかり、睫毛の長さを感じます。
また脱線してしまいました。
クーラーがきいた部屋でも最低10分はあたたかさが持続するので、就寝前のリラックスタイムにぴったり。
むしろ、そのまま寝入ってしまうのがオススメです。
どうしてもまた起きなければいけない人は、ぜひアラームをかけておいてください。
私、アラームのないときは勝てたことがありません。だいたい、寝ます。

私のものは珈琲の香りつき。コーヒー豆のいい香りがわずかに漂っていて、気分がいいです。
ちなみにレンジ内も同様の香りが充満しています。換気しよ。

繰り返し使えて経済的、お値段もリーズナブルで使いやすいです。
使い捨てのアイマスクよりも格段に贅沢な使い心地なので、ぜひお試しください!

2018/09/05


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA