【仕事納め・御用納め】日本語のおもしろニュアンス

こんばんは、2017年も残すところ数日となりましたね。
会社員の方は、今日28日が仕事納めとなった人も多いのでは。
皆様、ことしも一年お疲れ様でした。

ところで、「御用納め」という言葉をご存じでしょうか。
語感は仕事納めに似ているけれど、「御用」ってなに、、??という方も少なくないかもしれません。

「御用納め」は、官公庁などの行政機関で使用されます。その年の最後の公務を指す言葉です。
時代劇でよく見る「御用だ!」は、公務のことなのですね。お上(官公庁)の命令で、取り締まってやるぞ、と。

日本語ならではの言葉のニュアンス、語感が似てても意味が一つひとつ違って面白いですよね。
ちなみに、官公庁の年始年末休みは12/29~1/3まで。法律できっちり定められているんです。
年始にはじめて仕事にとりかかるとき、「御用始め」と言います。

年末年始、皆さんは何をしてお過ごしですか。
仕事納めを迎え、今まで引き締めていた気が抜けたのか、私はすっかり風邪をひいてしまいました、、笑

インフルエンザもじわじわと流行しかけているようです。
この記事をお読みいただいている皆さん、体調を崩されないようお身体ご自愛下さいね。

よいお年をお迎えください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA